コラムNo.151 学ばない組織の特徴

 

 店舗のスタッフに対し、仕事に関わる「自発的な学習」を促すことは人材育成を行う店舗経営者にとって「義務」とも言える重要な仕事になります。例えば、読書、資格や検定、専門学校での学習などですね。とはいえ、「指示されたこともろくにやらないのに、どうやって?」「そんな向上心もなさそうだし…」「無理でしょ!」などと感じている経営者の方が多いのではないでしょうか。

 

 もちろん大半の店舗において、そう簡単にスタッフ自ら動くことは少ないのが現状だと思います。しかし、経営者が頭から「やらないのが普通」と思っていると、自発的な学習をやる人は社内にほとんどいなくなります。

 

 そもそも人間は怠惰な生き物であり、できれば何の努力もせず楽に生きていきたい人が大半を占めます。その慣性は強く、流れを変えていくには相当なパワーが必要となるのです。「自発的な学習などやらないのが普通」と経営者があきらめてしまっては、変わるものも変わりません。

 

 この点、学習をしないという経営者は論外ですが、えてして学習をしないスタッフは経営者の背中を見ています。何が言いたいのかと言うと、世の中にはスタッフはおろか経営者ですら自発的な学習をしない人たちが思いの外多いという事実です。

 

 いわゆるKKD「勘・経験・度胸」をベースにした経営を行っている経営者は多く、現場で培ったノウハウを活用するのはもちろん必要なことですが、それだけでは必ずどこかで行き詰ります。特に近年は異常なスピードで技術が進化し、これまでの「経験の価値」がすぐに失われる状況になっています。

 

 経営のすべてを自らの経験で賄っていくことは、時代に合っていません。無理がありすぎます。経営者自らが知識のアップデートをしていかなければ、今後企業として生き残るのは不可能でしょう。

 

 まず経営者の方にやっていただきたいのは、経営についての知識を学びながら、自らの経験を言語化し、ノウハウ化することです。ポイントは「外部から知識を得ながら」ということです。

 

 自己流は最大の強みである半面、ある程度一般化できなければ「狭い世界の職人芸」でしかなく、企業としての成長は見込めないでしょう。もちろん、職人として一人でやっていくのであれば、まったく問題ありません。

 

 あなたが組織として会社を経営していくのであれば、まずは経営者自身の自発的な学習は必須です。そうでなければスタッフが進んで学習することはないでしょう。現在の会社の状況は、すべて経営者であるあなたが作ったものだということを改めて自覚しましょう。