コラムNo.8 商品の魅力が倍増する方法

 

「商品の魅力が倍増する方法」

 

店舗ビジネスで重要なことの一つに、商品をセットで提案することがあります。

これはどの業種の店舗でも当てはまることですよね。

飲食店だろうが、美容室だろうが、小売店だろうが関係なく重要なことです。

 

ただ、できていない店舗の方が多いですね。

 

自信を持っていや、うちは出来ている!というところはありますか?

出来ているというところは、本当に出来ているか、勘違いしているかのどちらかです。

ほぼ後者だと思います。

 

セットでの提案はまずは商品自体の組み合わせや陳列方法などで伝えることができます。しかしそんな簡単なことすらできていない、やっていない店舗が多いのです。

 

店舗の売上は例外なく客数×客単価から生まれます。その中の客単価を上げる意味でセットでの提案というのは最重要課題の一つと言えます。

 

そのためには単品の魅力を知り、伝えるのはもちろん、どういうセットであればさらにその価値が上がり、お客様にとって最適であるのかを常に考えて、店頭、店内を作っていかなければなりません。

 

冒頭でお伝えしたように、それができている店舗は意外にも少ない。組み合わせて見せることも無ければ、店内でスタッフが勧めてくることはありません。

 

なぜこういう状況になるのでしょうか?

 

要はスタッフの商品に対する信頼や、商品自体の勉強が足りていないのです。

 

もっと言えば、その店の商品を好きになり、深い知識を自然に持てるような環境を作る店長がいないということです。

 

そういう店舗では、店長の仕事に対する姿勢に問題があることが大半です。

 

決してサボったり、やる気がなかったりするわけではないのですが、自発的な学習やスタッフを引っ張るリーダーシップに欠けているパターンが多いですね。

 

まだ店長としての力量が全く足りていないにもかかわらず、無理やり店長としての仕事をさせられていることも理由として大きいと思われます。

 

店長の仕事はやはり経験も大事です。それに加えて自身の成長意欲が強くないと、スタッフと同じレベルの仕事をしてしまい、スタッフからナメられ、店舗の統率が取れなくなり業績は悲劇へと向かいます。

 

いちスタッフが自発的に学習し、店舗を改善していくことはまずないと思った方がいいでしょう。やる気や向上心のあるスタッフが無気力になって行くパターンは山のようにありますけどね。

 

店長が自発的に店舗改善するための学習や実践をしてくれれば、これほどありがたい話はありませんが、そんなうまい話はなかなかお目にかかれません。

 

店長が経営者のごとく店舗全体を俯瞰し、運営していくためには単なる研修やセミナーなどではカンフル剤にもなりません。

 

また、お客様が自然な形でセット購入できるような環境を作るには、継続した取り組みが必要になってきます。

 

素人店長の戦術レベルでは何も変わらないのです。

 

あなたの会社には店長を経営者化する仕組みはありますか?