企業理念

 

 

“店舗に関わるすべての人を笑顔に”

店舗で働いている人たちは、常日頃から様々なプレッシャーにさらされています。
本部からは売上を求められ、お客様からは様々なサービスを求められ、デベロッパーからは協賛やイベントなどを無理強いされ…
一方で、店舗ビジネスの客観的なイメージと言えば肉体的、精神的にきつく辛そうであり、また、その仕事に見合わない待遇の悪さなど、あまりいいものがありません。
そのイメージから、店舗現場の仕事は特に若年層から敬遠されがちになっています。

これから日本の人口は確実に減少していき、店長をはじめ現場スタッフは非常に貴重な存在となります。

その貴重な人財たちが、毎日の仕事を楽しく、本当の笑顔でお客様に接することができれば店舗は必ず繁盛への道を歩みます。店舗のファンは面白いように増えていきます。
店は活気に溢れ、笑顔の数もどんどん増え、人が人を呼び、その量が質に転化することでモノやサービスのレベルは向上します。人が集まってくることで、人財の採用にも困らなくなります。結果的に業績は益々良くなっていきます。

この状態を弊社では店舗最盛と呼んでいます。
店舗最盛となれば、お客様、店舗、本部すべてが本当の笑顔であふれます。

その流れは取引先や関係各社にも好影響を与え、流れが小さな波となり、その波は徐々に大きく、強く、社会全体へと広がっていきます。

一つでも多くの会社に弊社が関わらせていただくことで、一つでも多くの小さな流れをつくり、それを社会貢献へとつながる店舗最盛の大きな波にしていきたい、そして笑顔の数をもっと増やしていきたい、という思いから、弊社ではこの言葉を企業理念としています。