セミナーについて

「その手があった!」「目からウロコ!」と

店舗ビジネス経営者から絶賛のセミナー

 

店長が育たない…

スタッフが続かない…

そもそも求人しても人が集まらない…

 

そして

 

売上が低迷しはじめてきた…

多店舗展開したもののうまく回っていない…

コストのみが増え、利益が出ていない…

 

こんな状況になっていませんか?

 

 

現在、店舗を取り巻く環境はご存知のように人手不足、ネット通販の台頭、安価な大型専門店のシェア拡大など、非常に厳しいものとなっています。

また店舗現場での仕事は、特に若い層からは敬遠されがちになっており、今いるスタッフへの負担は増え続け、それが離職を促し…という悪循環を招き、その結果、店舗にそのノウハウが蓄積されず、慣れていないスタッフばかりで当然売り上げもどんどん落ちていく…

こういう負のスパイラルに陥っている会社は今すごく増加しています。

 

一方で1店舗目の調子がよく、勢いで店舗を増やしたものの、人が足りず、売上も取れず、撤退の憂き目にあい、挙句の果てに調子のよかった店舗まで苦戦を強いられる事例も実際によく遭遇します。日本全国で見れば相当数に上るでしょう。

この厳しい市場環境の中でこういうことをやってしまうと、間違いなく失敗します。

 

私自身も実際に店舗を経営していく中で同じような悩みを抱え、悪戦苦闘していました。

どうすればいいのか、日々思い悩み、様々な試行錯誤を繰り返していました。

 

数限りない失敗もありましたが、少しずつ成功した部分を集め、積み重ねていくことを地道におこなってきました。

 

店舗現場から数えて20年、それがようやく実を結び、あらゆる店舗ビジネスで活用できるように体系化することで、店舗経営における一つの解決策として作り上げたのが「社内独立店開コンサルティング」です。

 

「社内独立店開プログラム」のエッセンスを凝縮

「社内独立店開」とは、店舗やモノ、サービスなど現状の資本関係は継続し、店舗運営のみ、現場のプロフェッショナルとして店長自身に店舗経営を任せることです。
基本的には会社と従業員という雇用契約ではなく、店舗経営を委託する業務委託契約となります。

FCやのれん分けと異なり、本部は現場のコントロールがしやすく一体感のある仕組みでありながら、お互いに適度な緊張感が保て、現場は自律的、能動的に動ける仕組みとなります。

このことによって独立採算が可能となり、本部は限られた経営資源を店舗やブランド開発に集中することができるようになります。

店長は一社員から経営者となるため、その責任感や危機感は自ずと大きくなり、他人ごとではない、まさに自分のこととしてやりがいをもって仕事にあたるようになります。
その姿勢の変化が行動の変化となって表れ、店舗の業績はほぼ間違いなく向上していきます。

しかしながら、ただ形だけ独立をさせても短期的な業績が向上するだけで、そう簡単に継続して業績を伸ばす力は付きません。
むしろ下手をすると状況が悪化する場合もあります。

店舗における運営および経営の型を知らなければ長期的な発展は望むべくもないのです。

永続して繁栄する店舗として、まずはやるべきことやその順序を知ることが最重要であり、当セミナーではそのノウハウや重要ポイントをしっかりとお伝えします。
受講後は自社への活用、導入への道筋がはっきりと見えてきます。

 

「社内独立店開」のメリット

  • 本部と現場の最適な分業が実現、経営資源の有効活用
  • 既存店長、スタッフの潜在能力が引き出されることで収益力が向上
  • 現場スタッフの定着率向上、やりがいの創出
  • 本部の開発機能への集中による身軽な経営の実現
  • 店舗の強みを生かした運営体制の構築
  • 収益性、生産性、成長性の飛躍的向上

 

受講をお勧めする方

  • 自社、自店の強みを知り、業績をさらに伸ばして次のステージへ上がりたい
  • 多店舗展開に興味がある、考えている
  • 2号店、3号店を出店したがうまく回らず業績もよくない
  • オープンしたばかりで店舗の業務が整理できていない
  • 店長に対して効果的な教育ができず、店長同士の力の差が大きすぎる
  • 店長を後継者として事業承継を考えているが、業務が属人化しているためスムーズに事が運ばない
  • 店長の次のキャリアが用意されていない
  • 店舗運営は現場に任せ、本部は開発に専念したい

 

対応業種

店舗ビジネス(事業者から最終消費者へ、店舗での接客を通じて直接モノ、サービスの提供を行う業態)を展開する小売、飲食、サービス業全般
※その他、ご相談ください

※お客様と接する店舗ビジネスにおいて経営の本質は変わらず、やるべき基本的な事柄は共通しています。
その中核となる普遍的なノウハウを凝縮し、体系化しているため、実際に店舗を構えるビジネスであれば様々な業種に対応可能です。

 

開催要綱

会 期   2017年6月17日(土)
時 間   13:30~16:30
会 場   東京国際フォーラム G棟
定 員   10名(満席になり次第受付を終了いたします)
参加料   18,000円/1名(税込、テキスト、資料等含む)
主 催   株式会社ストアブレインコンサルティング

※完全返金保証 内容にご不満の場合、理由を問わず全額を返金させていただきます。

 

セミナープログラム

戦略1
店舗現場の潜在能力が最大限まで引き出される「社内独立店開」基本戦略

・なぜ、雇われ店長ではダメなのか
・これから必要とされる店舗のカタチ
・店舗理念が店を劇的に変える理由
・「社内独立店開」に必要な3つのこと

戦略2
型破りな販売力で、競合とは別次元の戦い方を追求する成長戦略

・稼ぐ店舗は販売力を3つの力で定義している
・型を破るには「型」が必要
・いつ何時も顧客中心で間違うことはない
・結局は人の力が店舗の業績を左右する

戦略3
社内人財の強みを生かし、定着率が向上する組織づくり戦略

・仕組みで人を伸ばし強い組織をつくる
・○○を行うだけで店舗の業績は間違いなく向上する
・待遇と評価はどこまでオープンにするべきか
・店舗人財「30歳の壁」に対応する方法

戦略4
店舗の数値を味方につけ、経営資源をフル活用する財務最適化戦略

・数値を把握していない店舗の末路
・店舗ビジネスで共通する最重要な数値は〇〇〇である
・様々な切り口での利益を知る
・独立採算は店舗ビジネスにおいて絶対条件

戦略5
「社内独立店開」のその先へ…継続して稼ぎ続ける真の店舗最盛戦略

・店舗現場から搾取する会社が早晩潰れる理由
・永く繁栄する店舗のヒミツ
・社内に眠っている宝を探す客観的な視点の重要性
・人が持つ本当の力は戦略的な仕組みが引き出す

 

お申し込みフォーム

下記申込み欄に、必要事項を記入して送信してください。
お申込確認後、受講券・請求書をお送りいたします。

※個人の方は記入不要です。


※送信内容をご確認の上、下記にチェックを入れて、送信ボタンを押して下さい。

個人情報保護方針について承諾する。